防犯グッズ

海外旅行のための防犯グッズ(1)

2019年9月4日

国内を旅行するのと違って、外国旅行では多彩なトラブルを耳にしますよね。

もっとも頻繁に起こるのはスリやひったくり、置き引き等でしょう。

しかしながら、命が狙われるようなたいへんリスクなことも時にはあるやうです。

なんといってもニッポン人は、発展途上国や後進国へ旅行に出かける際にも、割高な腕時計やカメラ等を自然みたいに持っていて、より一層スタイルも、靴もかばんも、全てがパリッとして高級そうに見えますよね。

その影響で、未だにニッポン人はみんなお金持ちだとワールド中からおもわれているのです。

自ら自分自身をリスクにさらしているようなものです。

まずは、第三ワールドへ旅行する際には、スタイルや持ち物を割高なものにしない、一番良いのは、使い古したものや着古したものにする等、パッと見に気をつけることが安全な旅行の為に一番必要な事だとおもいます。

その上での防犯グッズと言うことになりますが、さて、外国旅行に行ったことのあるあなたは、どんな防犯グッズを持って行きましたか。

スタンガンや催涙スプレーは本質的にフライト機に乗る前に没収されてしまうでしょう。

スタンガンに限り、預ける荷物でなら大丈夫 のやうですが、出かける国によっては持ち込み出来ないケースもあります。

とすることによって何が役に立つでしょう

今までご案内した中では、防犯ブザーは役に立ちますね。

これは、実に国内であれ外国であれ役に立ちますから、是非一つオーダーしておいた方が良いですね。

そして外国では、パスポートや現金等が命の次にたいせつなものとなってきますので、それらを修めておけるようなトラベルケースが一番大好評です。

中には、お金がしまえるベルトや靴の中敷等も売られていますよ。

これらもりっぱな防犯グッズと言えるでしょう。

海外旅行のための防犯グッズ(2)

外国旅行の為の防犯グッズ、前回は如何でしょうかでしたか

この度も引き続き、外国旅行の為の防犯グッズと言うタイトルにしてみましたが、この度はとくに個人旅行に焦点を当ててみることにいたしましょう。

当然、短期の旅行者にも参照になるとおもいます。

ツアー旅行に比べて、個人旅行は全過程が自由時間ですので、その分、防犯対応策には念を入れなくてはなりません。

昨現在では、個人旅行だとしても長期の旅行者がずいぶん増加したやうですね。

数カ月にもわたる長期の旅行を行なう旅人の多くが、やはりなんらかの紛失や盗難、置き引き等に遭った事があるやうです。

そういった旅人達が、必ず旅に持って行く防犯グッズをご案内しましょう。

まず、なんといっても必要なのは鍵だやうです。

数字を合わせて開けるナンバーロックであったり、ごく大抵の南京錠であったり、チェーン付きの鍵であったり色々です。

鍵で開けるごく大抵の南京錠は、鍵の方を失くしてしまう見込みがあるので、数字のほうがやや大好評が高いやうですが数字は運が悪ければ泥棒に開けられてしまうこともあるので注意が必要です

チェーン付きの鍵は、一人旅にはなくてはならない鍵のやうですね

駅や空港等で大きな荷物を椅子等がたくりつけてお手洗い等へ行くときに重宝します。

チェーンだけあれば、財布とベルト通し等をくっつけておくことで、スリに遭う心配もなくなりますよね、。

バックパックやボストンバッグ、ザック等を刃物で切り裂いて中身を盗む泥棒もいるようで、そういった被害から守るためのパックセーフと言う品物もあります、。

防犯ブザーに似たもので、自分のボディーから荷物が離れるとアラームがなると言うスタイルもあります。

外国で沢山置き引きに大変有効です。