インターネット

WIMAX2+バッテリーの持続時間・アウトドアでWiMAX

2019年2月24日

WIMAX2+は、家庭でネットの光回線などの固定回線の代わりとしても利用している方が多いのです。

アウトドアでも、どこでもネットにつなぐことのできるWiMAXは、キャンプなんかには、便利です。

家で使用するケースだと充電しながら使えるため、バッテリーの持ちを心配する必要はないでしょう。

ですが、出先で利用したいケースはこのバッテリーの持ちがたいへんキーポイントになってきます。

緊急時のケースには、WIMAX2+の充電器をスマホの充電器で充電すること言うのは出来ます。

WIMAX2+の機種は10時間以上バッテリーが持つものが正統派となっているので、1日お出掛けする際に利用する分にも申し分ないでしょう。

ですが、ルーター画面が、暗くなって映らなくなてしまっていたとしても、データ通信が、繋がっているケースは、バッテリーは消費してしまっています。

このケース、機種のバージョンによってはエコモード等も有りますので、出来るだけ応用するようにしましょう。

これ以外にも、外出先でもスマホの電池が、無くなったケースには、逆にWIMAX2+ルーターをモバイルバッテリーとしても利用することが出来ます。

WIMAX2+とスマホを接続したケース、画面に“給電”と“給電+通信”と言う選択肢が出てきます

ちょっとお出掛けする分にはWIMAX2+の充電は十分すぎる程持つので、回線に接続しながらの充電も問題なくおこなえます。

ファーウェイ給電用変換ケーブルを利用することによって、スマホだけでなくiPhoneの充電も出来ます、。

逆に携帯電話からWIMAX2+への充電もおこなえないこと言うのは有りませんが、公式ではそれに対しては書かれていないので、緊急時以外ではおこなわないようにして頂戴。

内容のもとで参考にさせてもらったサイトの記事はこちらです。

WiMAX比較・WiMAXおすすめプロバイダ6選!特徴・ニーズ(利用シーン)別・WiMAX(ワイマックス)で絶対に失敗させないプロバイダ・料金・キャンペーン比較の完全版、はじめての人にも分かりやすく