アウトドアチェアで軽量な種類

アウトドアテーブルを、選ぶカギ

2019年5月3日

キャンプ等のアウトドアでは、チェアやテーブルを、持って行く事が、沢山とおもいます。

焚き火を、する時には、チェアが、、お食事を、する時には、テーブルとチェアが、と言う様に、結構キーポイント視されているアウトドア用品です。

近頃は、軽量で携帯が、し易い物が、いっぱい登場しています。

何でも、軽量と成るとダメな物も有るので、使途に応じて選ぶ様にしましょう。

ここでは、アウトドアで活用するテーブルは、どの様な事を、基準にして選定して行ったら良いのか挙げてみたいとおもいます。

先ずは、「寸法」です。

アウトドアに行くケース、大人数で行く機会が、沢山様におもえます。

大体は、その人数に合った大きさのテーブルを、選ぶと良いのですが、、出来ることなら大き目の方が、どんなケースでも、対応出来るとおもうのでお奨めです。

そして収納もコンパクトに出来る物が、お奨めです。

アウトドア用品は、テーブルだけでは、有りません。

チェアにテント、調理道具や食材等、いっぱいの道具を、持って行きます。

その為に収納寸法が、コンパクトな方が、良いとおもいます。

次に「安定感」です。

近頃は、軽量化されている物も沢山ですが、、軽量ばっかり重視して安定感が、無いと倒れてしまいやすくなり、おもわぬリスクに有ってしまうかもしれませんので有るくらい安定感が、有った方が、良いとおもいます。

また大きいテーブルを、買入するのは、少し収納的にもシビアなと言うケースには、ちっちゃい寸法のテーブルを、数たくさん選ぶと言うのも良いかもしれませんね。

それを、繋いで使う事で大きいテーブルを、創る事が、出来ます。