アウトドアチェアで軽量な種類

キャンプのお奨めは、「ロースタイル」

2019年4月13日

近頃、「ロースタイル」のキャンプが、本流となっている様です。

アウトドアの今のトレンドりとして挙げられる様ですが、、ここでロースタイルの長所、それに伴うウィークポイントについて挙げてみたいとおもいます。

そもそも「ロースタイル」と言うのは、グラウンドにより近い位置でおこなうアウトドアのスタイルの事で、チェアやテーブル等は、そのスタイルに合わせて低めの高さの物を、揃えます。

その長所としては、ロースタイルに成ると足の高さが、低く成るので、物理的にコンパクトに軽量に成ると言うイメージが、有ります。

コンパクトで軽量と言う事は、スペースを、広く取れると言う事に成りますし、荷物が、減ると言う長所も出てきます。

そして焚き火等も目線の高さに火が、来ることに成りますので、楽しみが、出てきますし、グラウンドに近い位置に座っている事で、よりリラックス感を、味わう事が、出来ると言う長所も有ります。

長所満載の様におもえるロースタイルキャンプですが、、当然ウィークポイントも有ります。

ロースタイルで調理を、する際には、姿勢が、低くなったり力が、入りが、たく成るのでクッキングしにくいと言うウィークポイントが、有ります。

そして立ち座りが、少し面倒に成りますので、動いてばっかりいる人にとっては、不向きなスタイルと言えるでしょう。

こうかんが、えてみると、ロースタイルキャンプでも、一つは、ハイスタイルのテーブルやチェアが、有るとイージーと言う事も分かりますよね。

個々の長所、ウィークポイントを、よく了解した上でアウトドアを、楽しむ様にしてみましょう。