アウトドアチェアで軽量な種類

アウトドアでの火の起こし方

2019年3月23日

「アウトドア」と「火」と言うとキャンプファイヤーを、連想する方も沢山とおもいます。

夜に焚き火の赤い炎とパチパチと言った音は、危急に幻想的だとおもいます。

そうしたキャンプファイヤーを、やりたいというのは、思っても、近頃は、防犯上の理由から多様な制限を、設けているエリアが、沢山様なのです。

キャンプに行く際には、直にグラウンドで焚き火を、しても良いのか、焚き火台を、使って火を、起こさなくては、いけ無いのか、事前に調べておく入用が、有ります。

焚き火を、する際には、坂になっている所では、なく、平面なエリアでおこなう様にしましょう。

木が、生い茂っている近辺では、火が、燃え移る見込みも有るので、行なわ無い様にしましょう。

座っておこなうか、ロースタイルのアウトドアチェアが、有ると良いですよね。

アウトドアチェアは、耐火性が、有る物が、お奨めです。

近頃は、軽量な物で耐火性が、有る物も出ています。

軽量だといっぱい運んでも、疲れ無いので良いですよね。

ここでは、焚き火台を、活用した火の起こし方を、挙げてみたいとおもいます。

先ずは、新聞紙を、丸めて焚き火台の上に置きます。

その新聞紙に火を、点けましょう。

そして小枝を、燃えている新聞紙の上に少しずつ置いていき、火を、小枝に移していきます。

小枝に火が、移ったら、小さめの薪を、入れていって火を、大きくしていきます。

火の内部に風を、少しずつ団扇等で仰いで入れて行く事で、火が、消えずに燃えていくとおもいます。

この様に少しずつ火を、燃え広げる様にしていく事で、焚き火を、する事が、出来ます。

側には、必ず消火用の水を、支度しておきましょう。