貝が一番落ちる時期


皆さんのお住まいの地域で貝はなくなるか?日本各地どこの砂浜も貝は落ちるわけではありません。
都会になると不自然に作られた砂浜もありますから、そういう初々しい砂浜には未だに貝は近寄ってきません。
不自然に作られている砂浜も長い年月が経ち魚や貝が住める環境になると住み着いてくるので、貝が採れるようになります。
お住まいの地域でかねてからある砂浜では、十分に貝がなくなる可能性があります。
地元の砂浜で潮干狩りをされている風景を見かけたことはありませんか?潮干狩りをされているということは十分にそこには貝がいる可能性が大きい事になりますから、ぜひ行ってみて下さい。
今回は時期についてですが、お住まいの地域によってことなることですから、一概にはいえません。
ただし、平均的な話をすると、春から夏にかけてがメインとなります。
一番にぎわうのは全国的に五月のゴールデンウィークになります。
大型連休において家族で潮干狩りを楽しむ方が多くなります。
目的とする砂浜の情報を、地元の釣り具屋さんに聞いてみると知っていますからぜひ聞いてみて下さい。
場所もですが、もしかしたら近くの砂浜でも取り除ける時期が若干違うことがありえますから、一度は釣具屋さん聞いてみた方が確実でしょう。
何とか釣具屋さんに行かれたなら、潮干狩りの道具も販売されているはずですから、購入してみるのもいいかもしれません。
ホームセンターなどの道具よりも本格的なものが置いてある可能性もあります。

潮干狩りシーズン


海でのレジャーに潮干狩りがありますが、体験したことはありますか?かなり簡単に美味しい貝がザックザクと採れてしまいます。
あんな潮干狩りもなくなる時期、シーズンがあります。
一年中どこでもいつでも簡単に採れる貝ではありません。
とにかくターゲットはアサリになります。
そのアサリにかけていくのですが、アサリに混ざって、アサリよりも一回り大きいハマグリが採れることがあります。
これがとれたときは、複数人で言う場合には大盛り上がり間違いありません。
人よりも大きな貝が採れた喜びも嬉しいものです。
そういった潮干狩りですが、シーズンがあります。
一番良い時期が冬がおわり、海水温がのぼりだした春のおわりから、初夏にかけての時期が最初のシーズンインの時期となります。
この時期にはそれなりに広く成長したアサリがターゲットとして、砂浜では沢山の人でにぎわうこととなります。
この時期からゴールデンウィークにピークを迎え、これから夏の時期まで続きます。
八月の真夏でも貰えるのですが、熱中症などの対策が必要となります。
危険な時期には控えるようにください。
さすがに九月ごろになると個体は少なくなっています。
さすが四月から七月の時期がシーズンと叫ぶのがいい様です。
小さいお子様は真夏でも元気に砂浜での遊びに夢中になりますから、保護者様が気配りをしっかりとして下さい。
これを怠ると果たして危険な状態になって仕舞うことがあります。
もちろん大人も気をつけましょう。

アサリについて


アサリを簡単に盗ることが出来る潮干狩りは、最高におかしい夏の楽しみです。
ここでアサリについてちょっぴり勉強してみませんか。
アサリはマルスダレガイ科で二枚貝の種類に入ります。
属性としては、アサリ属に属しています。
このアサリですが、模様はさまざまで、アサリだからこの模様と決まりがありません。
アサリにも産卵時期などがあり、夏と秋に産卵します。
冬以外の温かい時期で夏と秋以外の春も産卵を通じていてもおかしくないようです。
これだけの産卵時期にばらつきがありますから、落とせる時期に大きさが異なっているのは不思議な事ではないことになります。
どうしても食べて美味しい貝がアサリです。
日本人に愛されているアサリの味噌汁は最高ですね。
他の具材が無くても味噌とアサリのみで十分楽しめます。
その他、アサリ料理として、最近での人気料理では、スパゲッティーの具として多く使われています。
和食では和えものにも使うと非常におししくいただけます。
この味は日本だけでなく、海外でも愛されている地域があります。
ポルトガルやチリでは、昔からの伝統的な料理として使われている食材がアサリなのです。
簡単にアサリといっても日本だけの食材ではないことがわかりますね。
料理に取り扱うには、アサリは砂抜きをしないと、料理で貝が開いた場合中から砂が沢山でて来る。
この処理をしっかりとしておかないと、触感が最悪なことになりますから注意しましょう。
アサリは美味しい食材ですからぜひ料理に使ってみましょう。