釣り竿の材質


釣り竿の選び方として材質があります。
釣り竿の仕様を見るとカーボンの含有率が掲載されています。
一般的に釣り竿はカーボンとグラスファイバーで作られてあり、その割合が示されているのです。
自分が必要としている釣り竿を考えて、カーボンの含有率を見分けることは選び方の一つの指標となっています。
一般論としてグラスは重くて弱いという性質があります。
無論、それだけでは釣り竿になりませんが、代わりにしなやかさがあります。
竹竿を人工に作ったイメージでしょうか。
これに対して、カーボンは小気味よいのですが、ごつくて著しい性質があります。
おんなじ強度の釣り竿を作ろうとするとカーボンよりもグラスは倍以上の重さになってしまいます。
グラス製釣り竿は価格が安いのですが、折れ易いため、すぐに買い換えることになるでしょう。
価格と耐久性を比較して購入する釣り竿を選定しなければなりません。
やはり、時代とともに製造技術は高くなってあり、グラスも強度が手強い釣り竿も出てきました。
また、国内製、外国製など各種タイプがあります。
どれを選ぶかは自分で決めなければなりません。
釣り竿の重さは長時間釣りを続けていると疲れてしまうが、短時間であれば十分踏みとどまれるはずです。
重たい釣り竿で始めるのもいいかもしれません。
釣りを楽しむためには釣り竿の選び方が重要と言えるでしょう。
そのためには材料や構造などをしっかりと理解して下さい。
インターネットにたくさんの情報がありますから、チェックしておくことをオススメします。

初心者用釣り竿


屋外レジャーとして楽しんでいる人が多い釣りですが、初心者は道具をそろえるところから動き出しなければなりません。
釣り竿選びが最初でしょう。
釣り竿の選び方は各種観点があるのですが、初心者の場合は細かいことよりも使いやすくで、幅広く利用出来る釣り竿を選ぶことが大切です。
無論、経験者の知人に誘われているなら、釣り竿選びを初めて相談してみるべきです。
まずは、選び方のポイントを紹介ください。
それでは長さです。
細かいことを言えば釣りをする場所によって長さを変えなければなりませんが、初心者は3から5mくらいで選んでおけばいいでしょう。
そしたら重さです。
1日中釣りをするなら、その重さは影響してしまうが、短時間であればそれほど考えなくていいでしょう。
昔の釣り竿と比較すればかなりの軽量化が進みました。
材料によって重量と価格が変わってきます。
軽くて丈夫な釣り竿は当然高くなるのです。
そしたら、硬さです。
釣り竿の硬さと言っても初心者にはわかりにくいかもしれません。
狙った魚によって硬さが決まっています。
弱ければ折れてしまうからです。
硬さは号数で表記されています。
初心者は1.5から5号の範囲内で選べばいいでしょう。
品質や価格も重要な要素ですが、初心者の時に購入した釣り竿を何年も使い続けることはありません。
自分のレベルが上がると、良い釣り竿が欲しくなるからです。
また、いずれは折れて仕舞うものです。
使い捨てと考えれば、高価な商品よりもリーズナブルな価格を選ぶべきでしょう。

楽天の釣り竿


通販サイトで釣り竿を購入する人は少なくありませんが、まさに手に取ってみなければわからないこともたくさんあります。
どのような釣り竿が人気なのでしょうか。
楽天市場で販売されている釣り竿のランキングを見てみましょう。
シマノエクスプライドは2万円弱ですが、一大釣り竿です。
釣り竿の選び方として値段を考えることが必要です。
厳しい釣り竿にはそれなりの理由がありますが、低いから悪いということではありません。
この商品のカーボン含有率は99%以上ですから、強度は十分でしょう。
釣り竿の選び方が酷いのは同じ釣り竿なのにたくさんの種類があるからです。
おんなじ製造会社けれどもたくさんあります。
やはり、好みもありますから、どれが一番とこなせるわけではないでしょう。
楽天市場は多くのショップの集合体ですから、どのブランドを取りそろえるかは各ショップが考えています。
国内製造会社だけではなく海外製造会社の釣り竿もたくさんランキング入りしています。
知らない製造会社けれども使ってみたら、あまりよかったということでしょう。
値段もどうしても安くありません。
自分が愛する釣り竿は幾らか高くても購入したくなるのです。
釣り竿の選び方は人によって違いますが、基本的ことはおんなじでしょう。
でも、各種商品が売れています。
デザインや色も選び方の一つです。
シンプルな柄、凝ったグリップなども選び方の一つです。
通販サイトに並んだ釣り竿を見ていると、ほしくなる。