ゴルフと体力


体力さえあれば、各種スポーツを楽しむことができます。
ゴルフは体力よりも気持ちが重要です。
止まっているボールをゆっくりと打つだけですから、高齢になってもプレーできます。
そのため、初々しい方が宜しいスコアとは限りません。
無論、適切な練習方法によって上達するよう心掛けておかなければなりません。
毎日、練習ができるなら一気に上達するでしょうが、現実的には週に1度程度でしょう。
その中で上達できるように練習方法を考えなければなりません。
体力があるのであれば、その体力を活かしたプレーがお薦めです。
具体的にどのようなプレーでしょうか。
それは1打目をできるだけ遠くに移すことです。
当然、ラフやバンカーに入らないようにしっかりと願うことが重要です。
結果的に体力だけではなく、元来コントロールが必要となります。
こうすればゴルフにはそれほどの体力は必要ないと言えます。
やはり、遠くに抜かすためには一定のパワーがなければ無理でしょう。
ただ、そのパワーをカバーするだけのテクニックを携帯していればいいのです。
そのテクニックは高齢になっても通用します。
このことがゴルフを興味深いスポーツとしているのではないでしょうか。
あなたはどのようなプレーを通じていますか。
力任せにスイングするだけでは好ましいスコアは望めません。
冷静な判断と的確なストロークが必要です。
プロゴルファーではありませんから、いつでも思い通りに打てるはずはありません。
ただ、思いもしないところに飛ばないように注意してください。

ゴルフと年齢

年齢によって続けられるスポーツと続けられないスポーツがあります。
ゴルフは体力が衰えて行く年齢になっても続けられるスポーツでしょう。
もちろん、若い時と同じようなプレーが出来るわけではありませんが、若い時に上達した人は高齢になってもその実力を維持していることが少なくありません。
練習方法は変わっても、そのポイントをしっかりと押さえているからでしょう。
練習時間を短くして、密度の厳しい練習方法を取り入れるのです。
これによっていくつになっても上達して行くことができます。
無論、若い人なら積極的な練習をお勧めします。
時間の許す限り、何度も練習場に通いましょう。
初めは上達するかもしれませんが、標準になると頭打ち状態になります。
その壁を乗り越えることができれば、どんどん上のレベルが待っているのです。
具体的にいかなる練習方法を取れば、上達するかは人によって異なります。
ただ、ゴルフ練習場でインストラクターのアドバイスを受けることで、自分では気づかなかったことが表れることはよくあります。
自分では気づかなくても外からは直ちに極めるのです。
アドバイスを素直に受け入れて、その後の練習に取り入れて下さい。
サラリーマンなら毎日練習することは無理ですから、週末など定期的な特訓間を確保することをお勧めします。
それが一番の上達への早道でしょう。
長期間練習をしなければ、また実力が下がってきます。
ただ、一度体が覚えたことなら直ちに感覚を奪い返すことが出来るでしょう。