釣り竿の構造


釣り竿はどれも同じだと思っている人もいるでしょうが、実際に釣具店に行くとたくさんの種類の釣り竿が並べられてあり、選び方がわからなくなってしまうのです。
釣り竿の構造を解ることで、自分が決めるとしている釣りに合っているかどうかを知ることができます。
勿論、初心者にいきなりその知識を要求するのは酷ですが、予備知識として知っておいて損はありません。
釣り竿は4m、5mと全く長いタイプが多く、そのままの長さだと車にも積み込むことができません。
そのため、途中で分離できるようになっています。
ケースに入れたときの長さのことを仕舞い寸法と言います。
一般的には1m前後です。
また、釣り竿には並行して糸がなければなりません。
ガイドと呼ばれる金具が付いているタイプと釣り竿の内部に糸を通すタイプがあります。
ガイド付きの釣り竿の方が一般的です。
そうして、糸を巻き採り入れる部分であるリールを根元に取付けます。
釣具店でリールが別売りになっているのは、釣り竿を状況に合わせて変えても、リールはありのまま使用できるからです。
また、糸のサイズによってリールも複数準備しておかなければなりません。
釣り竿には役立つ錘の範囲が決められています。
ターゲットや釣り方を絞り込んだ専用竿もありますが、初心者はオールマイティに使用でいるゲームロッドと呼ばれる釣り竿がお薦めです。
初心者は釣り竿だけではなく、その周辺の道具も忘れないようにください。
初心者向けにすべてが一揃いになったセットという選び方もあります。

釣り竿のランキング


釣りをする人なら釣り竿は沢山か携帯していることでしょう。
ただし、ディスポーザブルですから数年おきに購入しています。
この次はどれを購入するか、ランキングをチェックしていることでしょう。
選び方も人それぞれで好みもありますが、ランキングを参考にした選び方も間違っていません。
最大の通販サイト楽天での釣り竿ランキングはどうでしょうか。
もちろん、このランキングも常に変動していますから、飽くまで参考にすぎません。
例として鮎釣り竿の人気ランキングを見てみましょう。
1位はダイワの鮎竿、銀影競技スペシャルです。
競技用として作られていますから、本格的な釣りを通じている人のための釣り竿です。
価格は30万円と、サラリーマンの趣味のレベルではありませんね。
そうしたらおんなじダイワ製もトーナメントキャスターは9万円台と手の届く価格です。
それに貫く商品はがまかつのがま鮎、マルチフレックス1000伸徹が8万円台です。
そうしたら、がまかつのラグゼデッキステージ斬鮎が4万円です。
どの商品のネーミングも凝っています。
そんなに鮎釣りにかける意気込みがあるのでしょう。
ところで、釣り竿は長さと号数がありますから、商標だけでは購入することができません。
どのような魚を釣るかによって、選び方もなるのです。
釣りの初心者ならオールマイティな釣り竿がお薦めだが、ある程度経験している人は、魚によって複数の釣り竿を準備しています。
だんだんと趣味にお金がかかってしまう。
ただ、趣味にお金が鳴るのは釣りに限ったことではないでしょう。

釣り竿の価格


釣り竿の価格について考えてみましょう。
選び方として値段から選ぶ方法があります。
安いから粗悪品だということではありませんし、お宝でも使いこなせなければ意味がありません。
シマノ製の釣り竿では5,000円台からたくさんの商品があります。
ただ、それぞれの釣り竿は形や調子が違いますから、購入するたまに仕様を確認しておくことが大切です。
釣具店に行かなくても通販サイトで簡単に購入できる時代となりました。
カタログを読んで分かる人ならなので十分でしょう。
ただし、初心者のうちは価格よりも、現に触って見ることをお勧めします。
無論、それだけで何かが聞こえるわけではありませんが、自分が釣りを通しているイメージを膨らませるのです。
低価格の釣り竿は使い捨ての感覚で使用ください。
つまり、ある程度使っていると交換する時期となるのです。
長年、おんなじ釣り竿を使っている人の場合、それだけ耐久性の厳しい材料を使っています。
価格も無論高くなるのです。
釣り竿の選び方として、各種部分をチェックしなければなりません。
利用範囲が広い釣り竿は初心者向けとして販売されています。
他のスポーツと同じですが、技術レベルがアップしてくると使用する道具もレベルアップさせなければなりません。
自分がどれくらいのレベルなのかを考えてみましょう。
釣りの場合は場所によって釣り竿を変えなければなりません。
長さも違いますし、釣れる魚も違うからです。
その仕様によって釣り竿の価格も違ってきます。