香川選手のニュース


サッカーファンなら知っているでしょうが、ドイツのドルトムントで活躍している香川真司選手を紹介ください。
セレッソ大阪も活躍していたのですが、メディアで凄まじく取り上げられることはあまりありませんでした。
ただし、ドルトムントでの活躍は日本でのニュースとなっているのです。
そうしたら、アジアカップの日本代表として、その活躍も期待されています。
香川真司選手のニュースを見分けるときに見えることがあります。
それは、香川選手のすごさを讃えている記事が多いということです。
彼の技術力の高さもさることながら、人柄の良さがこうした記事を書かせるのでしょうか。
特別に自分をアピールするわけではなく、インタビューなどでは幼ささえ感じられます。
ただし、いよいよ試合となったらちっとも違います。
自分のサッカーを貫こうとする硬い意志が見て取れるのです。
ドイツに移籍してからの活躍がしょっちゅうニュースになっています。
アジアカップでの日本の勝利とそれを支えた選手たちのニュースも届きます。
そうして、その中にしょっちゅう香川真司の名前があるのです。
香川真司選手がドルトムントに移籍してからの試合の様子はニュースやブログに掲載されていますが、記事を書いている記者の興奮が伝わって来る。
つまり、記者さえも興奮するような快進撃を香川選手がしていたということなのです。
遠く離れたドイツで割高選手たちを相手に対等あるいはそれ以上に渡り合っている姿は、おんなじ日本人として大いに元気づけられます。

香川選手の活躍

プロサッカー選手の香川真司は依然若いにも関わらず、大活躍を通じています。
シャルケとドルトムントの試合での香川真司選手の活躍を見てみましょう。
2010年の9月のことでした。
ブンデスリーガは第4節に入っています。
シャルケには香川真司選手と同じ日本代表のDF内田篤人が所属しています。
ドルトムントとシャルケの一戦はルール・ダービーと言われています。
ヨーロッパでは注目の一戦です。
残念ながら、DF内田はその前のパラグアイ戦で怪我をしたために欠場していました。
日本人同士の直接対決は実現しませんでした。
試合はアウェーのドルトムントが優勢で進みました。
中盤でMFゲッツェがドリブルで突破しましたが、転がったボールを香川選手が左足でシュートを放ちました。
これが相手のDFを掠めてゴールとなりました。
香川選手が先取点を挙げたのでした。
その後も、ジャンピングボレーの形で香川選手が2点目を挙げました。
香川選手はこのゴールでリーグ戦3点目となったのでした。
スタメンから初勝利、初ゴールとだんだんと実力を出してきた香川真司選手にとって、第4節は初のドッピエッタとなる活躍でした。
ドルトムントに対して最大のライバルであったシャルケが相手でありながら、強烈に印象付けた試合となったのです。
ヨーロッパ人にとって香川選手のように右も左もゴールを決める日本人選手が物珍しいようです。
香川選手にとってそれは当たり前のことであり、それが香川選手を特徴づけているのです。
ドルトムントに移籍してから、いきなりの活躍です。
これからが期待されますね。

ブレーメン戦での香川選手


サッカーの日本代表として活躍している香川真司選手のブレーメン戦での出来事を紹介ください。
2010年12月のドルトムント対ブレーメン戦でした。
この試合でブワシュチコフスキがシュートしましたが、ゴールキーパーがかろうじて弾きました。
そのこぼれ球を上手く当てて、香川真司選手がシュートしたのです。
そうして得点となりました。
但し、後からこの試合の映像を見てみると、香川選手のシュートボールに7番の選手が触れているのです。
これを厳密に解釈すれば、オフサイドでノーゴールとなるのです。
無論、この指摘をした解説者もいました。
但し、試合中のことだから、審判にもそれがわからなかったのです。
香川選手の動きはするどく、的確です。
ハイスピードのカメラものの人間でなければ、それをオフサイドと判定することは駄目。
このようなときの場合はその時の審判の判断が優先します。
従って、引き続き香川真司選手のゴールが確定しました。
映像を見ていると、7番の選手は明らかにオフサイドのポジションにいます。
その選手にあたって入ったのであれば、香川真司選手のゴールではなく、7番の選手のゴールとなるのです。
ただし、7番の選手のゴールであればオフサイドとなります。
この試合に関しては、審判も選手たちも断然コメントはしていません。
人間がやり遂げることだから、100%のことはできないのです。
それがスポーツというものでしょう。
このような映像がインターネットを通じて世界中に広まります。
それが良いことなのか何とか、考えるべきでしょう。
あなたはどうして思いますか。