ゴルフコースの分類


自然を最大限に取り込んでいるゴルフ場という施設は、その地域、その地形によって大きくその性質を変えていきます。
ゴルフ場が日本、そして世界各地にたくさん存在しているのは、それ程多くの種類のゴルフ場が望まれているからなのです。
ゴルフ場のコースもそれぞれに個性があり、性質が異なるので、プレーする上では、そのコースが自分に向いているか、主催するイベントに固まるメンバーにとって最適なコースなのか、ということを見極める必要があるのです。
あんなゴルフコースの個性は、とてもコースの分類によってある程度決まってくる。
たとえば、山中にあるコースは「山岳コース」と呼ばれ、非常にアップダウンが荒々しいのが特徴です。
また、フェアウェイが狭かったり、ボコボコしていたりと、どうしても耐え難いコースがたくさんあることが予想されます。
その山岳コースほどアップダウンが強くないものの、山の中にあるコースを「丘陵コース」と言います。
適度にアップダウンがあるので、ハードルも中くらいといった所でしょうか。
林の中を切り開いて作ったコースは「林間コース」と呼ばれています。
この場合、周囲に森林が生い茂ってあり、自然とより一体化したコースになっていることが多いので、子供と共に生じる場合等に向いています。
また、林間コースは平坦な地形になっていることが多いので、割に初心者向けのコースといえるでしょう。
この他にも、初心者向けのコースとして「河川敷コース」などもあります。
これらのコースをとりあえず確認し、自分達の経験や技術、あるいは一緒に移る人達のキャリアなどを考慮した上で、コースをどこにするか決めると良いでしょう。

会員制ゴルフ場

真にゴルフ場を見廻る前に、初めてゴルフ場の種類を知っておく必要があります。
ゴルフ場の種類は、コースのある場所や地形によってだけで仕上がるわけではありません。
そのゴルフ場の運営方法によってもなるのです。
ゴルフ場の運営方法は、大きく分けると「メンバーシップコース」と「パブリックコース」の2つに区分できます。
この中のメンバーシップコースというのは、いわゆる会員制のゴルフ場です。
メンバーコースとも言いますね。
会員制のゴルフ場とは、会員が資金を出して運営したり、ゴルフ場を経営する会社が会員権を発行し、会員を募ったりして運営を通じています。
日本にあるゴルフ場のうち、約90%が会員制のゴルフ場となっています。
会員制のゴルフ場でプレーするには、そのゴルフ場の会員になる必要があります。
ただ、会員の紹介、或いは同伴があれば、その当人が会員でなくてもプレーは可能です。
また、中には紹介無しでもプレー可能なメンバーシップコースもあります。
一方、パブリックコースは、会員制ではないゴルフ場を指します。
日本ではからきし見かけないものの、公営のゴルフ場はパブリックコースになっていることが多いようです。
誰でもがいつでも利用出来るので、さんざっぱら気軽にゴルフを楽しめます。
また、プレー代もたいしてかからないので、友達と週末にゴルフをしたいという時などは重宝するコースです。
今からゴルフを始めようとしている人は、このパブリックコースがオススメです。

ゴルフ場とゴルフ練習場


通常、ゴルフ場というと、多くの人がゴルフコースをイメージしますね。
グリーンがあって、フェアウェイがあって、バンカーがあって…そんな、テレビでよく探る光景を思い浮かべるのではないでしょうか。
ただ、ゴルフ場というのは、そのコースを含めた全体を指し示す言葉です。
従って、そこにはコース以外にも様々な施設があります。
その施設のひとつが、ゴルフ練習場です。
ゴルフ練習場は、一言でいえば練習を行う場所です。
コースではなく、ドライバーショットやグリーン上のパター、あるいはアプローチに特化した練習が可能になってあり、コースを変わる前後に様々なチェックをすることができます。
この練習場は、コースに併設されていることが多い一方、独立した施設として運営されていることも数多く、コースを訪ねるのは時間が鳴る、人が集まらないという場合には、こちらの練習場を利用する人も多いようです。
ゴルフ場には併設されていない独立の練習場は、俗に「打ちっぱなし」と呼ばれています。
ドライバーで思い切り打って、ストレスを解消することにも使われるので、野球でいうバッティングセンターにほど近いところもあります。
その一方で、プロもよく利用するなど、非常に用が大きいところです。
ゴルフ練習場には、レジャー施設という現実もあります。
依然としてゴルフを始めたばかり、あるいはこれから関わるという初心者の人は、コースにたちまち行けば、周囲の人に全然迷惑をかけることになります。
ですが、練習場であればそういったことも少ないので、ともかくここでボールを打つコツを覚えると良いでしょう。

ゴルフ場に予約の連絡を入れる

基本的に、ゴルフ場を利用する場合には予約が必須です。
顧客のゴルフ場、つまりメンバーシップコースの場合はもちろんのこと、パブリックコースを利用する場合にも予約をする必要があります。
というのも、ゴルフというスポーツは、そのプレー中はコースを独占することになります。
一度に複数の組がおんなじコースにいると危険ですし、ボールがゴチャゴチャになりますから、先ずそういったケースはあり得ません。
そのため、コース運営側がスケジューリングを行ない、それぞれの組が被らないようにする必要があるのです。
従って、ゴルフ場の利用において予約は必須となります。
ゴルフ場の予約をする方法は、電話が最も一般的です。
手軽にできますし、直接会話をするので間違いがありません。
電話それでは幾らか…という場合は、インターネットによる予約ができます。
ネットによる予約には、該当するゴルフ場の公式ホームページから予約をする方法と、斡旋を通じている総合サイトから予約をする方法とがあります。
ともポイントや特典などが張り付くケースが手広く、そんな意味では電話予約よりもメリットがあります。
また、ネット予約の場合は24時間いつでもできるのが強みです。
日中どうも時間が取れない人は、インターネットを使って予約を行うと良いでしょう。
ゴルフ場の予約をするタイミングは、できれば速いに越したことはありません。
客足が少ない平日であれば、ほぼどういうタイミングでも予約可能だが、週末となると毎月くらい前からの予約が必要となる場合もあります。
そのため、遅くても2週間前には予約を入れておきましょう。