香川真司選手について


サッカー選手として活躍している香川真司選手のことを紹介ください。
サッカーファンなら説明しなくても、よく知っているはずです。
香川真司選手は1989年3月17日に兵庫県で生まれました。
2010年にはドイツのブンデスリーガ1部のボルシア・ドルトムントに所属しています。
小学校低学年のころからサッカーを始めたそうです。
地元のマリノFCに所属しています。
そうして、小学5年生には神戸NKサッカークラブに移っています。
中学校になるとサッカー留学として、仙台の市立八乙女中学校に通っています。
クラブはFCみやぎバルセロナのジュニアユースでした。
このFCみやぎバルセロナは個人技の練習を重点的に行っていたようです。
このころから頭角を現し、ナショナルトレセンやU-15日本代表に選ばれています。
高校になると、練習場から離れたところに寮があったため、毎日35kmの自転車通学を通じていたそうです。
その自転車が足腰の強化になったと本人が述べています。
2006年にはセレッソ大阪と契約を交わして、ウィザス高校に転校しています。
高校を卒業する前にプロサッカー選手として契約を結んだのは香川真司選手がついにだったということです。
その年はU-17日本代表に選ばれて、サニックス杯国際ユースサッカー大会に出場しています。
それからは、各種大会で活躍しています。
そうして、2010年7月にボルシア・ドルトムントに完全移籍しました。
高原直泰選手から香川真司選手のことを聞いたドルトムントの代理人がいて、話がまとまったのだそうです。
香川選手のドイツでの活躍もニュースになっています。

香川真司の成績

スポーツでは成績が重要です。
プロサッカーで活躍している香川真司選手の成績について考えてみましょう。
香川真司選手は小学校の時からサッカーを通しています。
負けず嫌いのサッカー少年だったのでしょうか。
日本代表に選ばれなかったときなどは、その悔しさをばねとして飛躍して出向く傾向が見られます。
南アフリカで開かれたワールドカップの日本代表に選ばれなかった翌日にドルトムントへの移籍が発表されています。
4年後のワールドカップでは活躍が期待されるところです。
プロサッカー選手となってからの香川真司選手の成績をまとめてみましょう。
2006年にセレッソ大阪に入団しています。
2007年は36試合に出場して、7ゴールを挙げています。
それから2008年は35試合に出場して、16ゴールを挙げました。
2009年は44試合出場で、27ゴールを決めているのです。
2009年のゴール数は酷いですよね。
そうして、セレッソ大阪での最後となった2010年は12試合で7ゴールです。
乏しい試合数なのにゴールの数が多くなっているだが注目したいですね。
そうして、ドルトムントはどうでしょうか。
ブンデスリーガでは17試合出場で、8ゴール、2アシストです。
そうしたら、ヨーロッパリーグでは8試合出場で4ゴールとなりました。
それほど、2試合に1ゴールのペースですね。
この成績から判ることは、香川選手が少ないチャンスを確実にものにしているということです。
多彩な攻めを可能とする、スタミナとテクニックが香川真司選手の持ち味なのです。
依然、弱冠21歳ですから、これからどんどん活躍してもらいたいですね。
日本中が期待しているはずです。
あなたも香川真司選手を応援してみてはどうですか。

香川選手の特徴


サッカーのアジア選手権が2011年に行われています。
プロサッカー選手として6年目を向かえた香川真司選手のサッカーの特徴を見てみましょう。
2010年にドイツのドルトムントに移籍してから、日本国内でも注目をかき集めるようになってきた香川真司選手です。
彼のことが記事になる時折たいていの場合で、好意的に書かれています。
次の試合での活躍を期待しているのです。
サッカーでは得点源となる選手にボールを揃えることが一般的です。
従って、協同の中けれども使う側と選べる側の役割に分かれます。
セレッソ大阪での香川真司選手は得点源であったために、必然的に使う側の役割を担っていました。
但し、彼のプレースタイルを考えると、選べる側でのプレーの方が威力を発揮するのではないかと感じる人もいます。
サッカーは協同ですから、それぞれの選手が自分の役割を確実にやりこなすことが必要です。
香川選手は所属チームである程度レギュラーを確保してきました。
勿論、それは容易なことではなく、実力が伴わなければできないことなのです。
また、香川選手の多彩なテクニックによって、ゴールできたケースもたくさんあります。
香川選手はちょっとレベルアップして出向く可能性を込めた人材です。
ドルトムントでの活躍が始まったのは、味方とのパスワークに慣れてきたからでしょう。
お互いの信頼があってこそ、パスワークの息が合うのです。
香川真司選手の持ち味を引き出して得る、味方の選手がいるといいですね。
これからの香川真司選手に期待したいものですね。

香川選手のファン

サッカーファンが選ぶ日本代表のメンバーのことをお話しください。
プロサッカーを見ている人なら知るでしょう。
ザック監督の元で如何なる顔ぶれがそろったのでしょうか。
1位は本田圭佑、2位に香川真司選手が選ばれています。
ファン投票と言っても、本田圭祐選手は2位の香川真司選手の倍以上も得票していたそうです。
ワールドカップでの本田選手の活躍を見た人ならば、何しろ本田選手に入れたのでしょう。
香川真司選手と本田選手のどちらがサッカープレーヤーとして上かということは簡単には判断できませんね。
彼らのプレースタイルが違っているからです。
当然ながら、ポジションも異なっています。
いずれにしても、日本代表が面白くなってきたと言えますね。
ファンの投票が直接的に監督の考えに影響するとは考えられませんが、ファンは自分が応援している選手がレギュラーになってほしいとしているでしょうね。
香川真司選手のことを書いたブログなどがたくさんあります。
これからの日本代表は本田選手と香川選手が中心となることは間違いありません
この両者が活躍することによって、日本が世界の中で活躍してほしいものです。
日本代表がアジアカップで活躍する別途香川選手も頑張ってくれるでしょう。
あなたはサッカー選手の中で誰のファンですか。
香川選手はいまだに若々しいですから、これからが期待されます。
2010年10月の発表で、ザックジャパンの10番は香川真司選手に決定しました。
日本代表のエースとして、誰もが期待しているのです。
これからの試合が見逃せませんね。