釣り竿の種類


釣り竿の選び方がわからない人は少なくないのですが、その理由は種類がたくさんあるのに、その違いがわからないからです。
どういう釣り方をするかによって選ぶべき釣り竿は変わってきます。
ただ、これから釣りを始めようとしている初心者にはその違いさえわからないでしょう。
ここでは一般的な釣り竿の種類を紹介します。
自分の釣り竿の選び方の参考にしてください。
釣り竿の種類と言っても、形が違うわけではなく、それぞれの部分を構成している部品類に違いがあるのです。
釣り竿の選び方として長さ、重さ、硬さ、材料、価格を選択することになります。
長さは釣りをする場所によって変わります。
短すぎると届きませんし、長すぎると邪魔になってしまいます。
一般的には3mから5mくらいを選んでおけばいいでしょう。
材料によって重さは変わりますが、軽くて丈夫な釣り竿が一番いいでしょう。
やはり、その分だけ価格もアップする傾向にあります。
重さは自分が持つことを考えなければなりません。
1日中釣りを楽しむためには小気味よい釣り竿を選ぶべきです。
また、釣り竿はよく割れる方がいいと言われています。
軟らかいほど使いやすいのです。
釣具店で触ってみるといいでしょう。
柔らかさを感じて下さい。
無論、曲げすぎて壊さないようにしてください。
硬さには規格があります。
UL、L、ML、M、MH、Hの順番で硬くなっていきます。
大きな魚を狙うなら強い釣り竿が必要になります。
種類はたくさんありますが、初心者にオススメなのはオールラウンドに使用出来るバーサタイルです。

釣り竿メーカー


自分の釣り竿の選び方として製造会社を限定している人もいます。
信頼できるメーカーの商品は安心できるからです。
国内で一般的に入手できるメーカーを紹介ください。
ダイワ、シマノ、がまかつ、釣武者、ダイコーなどがあります。
釣り竿だけではなく付属する道具なども販売している会社もありますし、釣り竿に特化した製造会社もあります。
ダイワは釣り具総合製造会社として知らない人はいないでしょう。
安定した品質の釣り竿を供給していますから、初心者から上級者まで使用している人は多いようです。
同じくシマノも一大製造会社です。
シマノのロングセラーの釣り竿は入門者にお勧めと言われています。
がまかつは売り上げで3位となっていますが、購入しているのはこだわりを所持している人が多いようです。
実際のところ、釣り竿の選び方としてどの製造会社にするかはあまり重要ではありません。
長さや重さ、硬さ、材料など釣りの場所や自分のレベルに合わせた釣りをすることが重要だからです。
釣場の状況によっても釣り竿は変わりますから、いくつかを常に保ちあることが必要です。
また、初心者向けの釣り竿として販売されている商品は各社が所持していますから、カタログなどでチェックしておいてください。
釣具店に並んでいる釣り竿を見ていると、だんだんと釣りをやりたくなってきますから不思議です。
釣がスキな感情が少しは理解できるかもしれません。
釣りバカ日誌のようにのめり込むことはおすすめしませんが、趣味としてひどくありません。

釣り竿の情報


釣りを始めるなら初めて釣り竿を手に入れなければなりません。
釣り竿の選び方がわからなければインターネットの情報サイトを検索すればいいでしょう。
勿論、初めての場合は知り合いに相談することが一番近道です。
ただ、選び方にも個人的なこだわりを所持している人も少なくありません。
適切なアドバイスかどうかをチェックすることも重要です。
釣り竿の選び方のポイントとして、いかなる場所で釣りをするかを考えなければなりません。
ですから、初めての釣りに誘われた時は購入するのではなくレンタルを使用するか、知人に貸してもらう方が安心です。
レンタルショップなら初心者が使いやすい釣り竿を準備しているはずです。
釣具店で釣り竿に触ってみても、真に使用するときの感触はよくわかりません。
インターネットの情報サイトから得た情報だけではもっと判断できないでしょう。
確実なのは毎週のように釣りに出かけている人に教えてもらうことです。
何度か経験して慣れて来たら、自分でも選ぶことが出来るようになります。
そのためには各種場所で経験を積み込むことが一番でしょう。
釣りがスキな人はあちらこちらに毎週出掛けます。
海の近くなら防波堤に座って釣りをします。
川釣りを楽しむ人もいます。
日本なら遠くまで出掛けなくても釣りはできます。
どこにでも魚はいるからです。
日本は海に囲まれていますし、きれいな渓流もたくさんあります。
釣りを楽しむには絶好の地形なのかもしれません。
これから釣りを始めるあなたも、徐々に釣りの楽しさがわかってきて、止められなくなるかもしれません。