香川真司を知る


サッカー日本エースの香川真司選手について紹介ください。
香川真司選手は1989年生まれで兵庫県神戸市出身です。
身長は173cm、体重63kgで、更に体格が良いわけではありません。
日本代表に選出されたのは19歳です。
当時の岡田監督に見いだされたのでした。
いまだに19歳ということもあり、周りからはまだまだのではないかという声も聞かれました。
現に結果を出すことができていませんでした。
但し、日本代表の中けれどもA代表ですから、その才能は間違いないものだったのです。
代表戦では、共著を重視していたため、香川真司選手の持ち味を押し流すことができなかったそうです。
また、顔つきや語り方も小さいイメージがあり、インタビューだけを見るとわずか心配感じがするのです。
但し、実際の試合を見ていると、香川選手の才能には強いものがあることがわかります。
セレッソ大阪ではJ2でも得点王となっています。
44試合に出場して27ゴールを挙げているのです。
この時依然として20歳でした。
だんだんと頭角を現してあり、これからは日本代表の中心的な存在となることは間違いありませんね。
2010年にはドイツのドルトムントに移籍しており、ドイツでの活躍もニュースとなっています。
ドルトムントもレギュラーとして、多くのゴールを挙げているようです。
平均して2試合に1ゴールというすごさです。
日本人に比べると体格的に勝っているヨーロッパ人を相手に互角以上にプレーしているのです。
香川選手のことを知れば分かるほど、ファンになっていくようです。
これからも思う存分香川真司選手を応援していきたいと思います。

香川選手とザッケローニ監督

日本代表の監督に就任したザッケローニ氏は日本代表のトップ下に誰を所持してくるかを依然として決めていない時期がありました。
香川真司選手は自分こそトップ下に望ましいと直訴したということです。
ただし、ザッケローニ監督は本田圭佑選手をトップ下に配置することを決定していましたから、香川真司選手の主張は聞き入れられていません。
但し、香川真司選手としては自分が一番役立つポジションはトップ下だと考えているようです。
アジアカップが2011年から始まるのですが、その前からポジション争いが激しくなっているのです。
やはり、このように自分の役割を主張することは乏しいことではありません。
それによって、選手同士が切磋琢磨して、凄い日本を作って得ることが一番だからです。
香川選手の主張に対して、アジアカップ戦において、MFでの結果を出すことを要求していると言われています。
香川真司選手がどういう活躍を見せてくれるのか期待されるところです。
また、本田圭佑選手もそれをじっくり見守っているはずはありません。
彼もまた自分のポジションを守ろうと踏ん張るはずなのです。
それらが全体として相応しい方向へ通うのであれば、ことごとく日本は活躍できるはずです。
ザッケローニ監督にとって香川選手と本田選手が戦うことも良しとしているのでしょう。
これからの日本代表はこの両者が中心となって、引っ張っていくということが大方の見方です。
これからの日本代表の活躍が見ものですね。
テレビ中継なども欠かさず見たいところです。
サッカーが熱いのです。

香川真司フィーバー


香川真司選手はドイツのドルトムントに移籍したプロサッカー選手です。
ドイツでの目覚ましい活躍で、香川真司フィーバーが発生しているのです。
香川真司選手がドルトムントに移籍したのは2010年のことです。
移籍して間も乏しい9月にドイツ最大のダービーであるレヴィア・ダービーがありました。
香川真司選手は宿敵シャルケから2ゴールを奪い、ドルトムントに勝利をもたらしたのです。
ドルトムントにとってはまことに4シーズンぶりのダービー勝利だったのです。
この試合の翌日の新聞は香川真司選手の記事で埋め尽くされていたということです。
そのまた翌日も同じ状況でした。
ドイツ人記者にとって、香川真司選手の記事ならどれだけでも記せるのでした。
香川選手のニックネームはたくさんあります。
「極上の寿司」「アジアのロシツキー」「ドルトムントの人気者」「寿司ボンバー」などです。
NEWネームはDeybyheldです。
ダービーのヒーローという意味になります。
それだけ、ドイツ中が香川真司選手の実力を認めたということです。
この試合で香川真司選手に対するメディアの評価も同時にのぼりました。
週間ベストイレブンにも選出されています。
ドイツでは1が最高得点を意味します。
その時のメディアはキッカー誌がワンポイント、ビルト紙がワンポイント、WR紙ワンポイント、レヴィアー・スポーツ紙がワンポイント、ルール・ナハリテン紙が1.5点でした。
殊にキッカー誌は高い評価を与えています。
キッカー誌はドイツでは老舗のスポーツ誌なのです。
ベストイレブンだけではなく、マン・オブ・ザ・マッチにも選出しています。
なんだか香川真司フィーバーなのです。