海釣り用釣り竿


海釣り用の釣り竿について説明ください。
一口に海釣りと言っても各種釣り方があります。
磯や防波堤での釣りの場合、磯竿が定番です。
ウキ釣り、サビキ釣り、カゴ釣りなどに使われます。
選び方として長さをチェックすることが一番大切です。
磯の場合は5.3m、防波堤では4.5mとさっと短めを選ぶと使いやすいでしょう。
磯竿には号数が決められてあり、使用するハリスの太さが号数を示しています。
遠くまで仕掛けを抜かすことを遠投と言いますが、そのための竿が投げ竿です。
無論、投げ竿にも長さと重さがあります。
投げ竿の号数は投げられるオモリの号数を示しています。
ルアーフィッシングをするならルアーロッドです。
やはり、ルアー以外に使用することもできますから、持ち歩いていると利用価値が高いでしょう。
海釣りをする場合けれども渓流用の釣り竿を好んで使用する人もいます。
海釣り用と渓流用の釣り竿の大きな違いはリールを取付けるかどうかということです。
リールは出来るだけ何気なく作られていますが、なければその分だけ確実に軽くなります。
堤防などで渓流竿においている人は、軽々しい竿を好んでいるのです。
基本的構造はどの釣り竿も同じですから、選び方に決まりごとはないと言えるでしょう。
ただ、自分がいかなる釣り方をするのか、どのくらいの魚を釣ろうとしているかをイメージして、長さや号数を決めるのです。
当然、予想外の魚が釣れるケースも少なくありません。
釣り竿の選び方は基本を理解して、自分なりに応用することが大切です。

釣り竿と魚


釣り竿を選ぶ場合、どのような魚をターゲットにしているかによって選び方が変わってきます。
釣り場によって期待できる魚はある程度予想できるでしょう。
釣具店などで販売されている釣り竿を見ると、魚の名前が書かれています。
もちろん、それ以外が釣れないということではなく、そのレベルの魚の重さに釣り竿が踏みとどまれるようになっていることを意味しています。
細かい釣り竿で大きな魚を釣ろうとしても、最悪の場合、竿が折れてしまいます。
そうならないように力強い釣り竿を選んでも、腕が疲れて仕舞うだけでしょう。
これまで多くの釣りを楽しんできた人の経験が釣り竿の製品作りに活かされているのです。
経験者のアドバイスを素直に盛り込みましょう。
勿論、予想外の魚がヒットすることもあります。
それはその時に考えればよろしいことです。
釣りを始めたばかりの時は要領がよくわからないため、なかなか釣れないことも少なくありません。
でも我慢していると必ずやアタリが来るでしょう。
話は変わりますが、釣り竿は魚がかかると折れないように曲がります。
この曲がり方は調子と呼ばれていて、三つに分類されています。
七三調子、先調子、胴調子です。
先端が重くなった時に、どの部分から折れるかによって分けられています。
胴調子は手元の方で曲がりますから、ちっちゃな魚も引きの感触を楽しむことができます。
それぞれの竿の調子は、好みもありますし、どれがいいと司ることはできません。
ただ、選び方を考える時に各種違いがあることだけは知っておきましょう。

釣り竿スタートガイド


釣りのための重要な道具は釣り竿です。
釣り竿の選び方を分かることは釣りを知ることにつながっています。
ただ、釣りの方法によって選び方も変わってきます。
いくつもの種類があるのです。
ここでは投げ釣りに使用される投げ竿の選び方を紹介ください。
先ず、長さです。
堤防からのチョイ投げであれば、2mから3m程度の割り方少ない釣り竿が好まれます。
砂浜からの遠投では4mが標準となっています。
投げ竿とか、竿には号数が表示されています。
ただ、種類によって号数の意味が違ってきますから注意が必要です。
投げ竿の場合の号数は取付けられる錘の号数です。
もちろん、号数が一つ違っていれば絶対に使えないということではありませんが、目安としては重要です。
酷い錘を取付けることによって、遠くまで抜かすことができますが、そのためには竿を結び付けるだけではなくテクニックが必要になります。
本格的な投げ釣りには25から30号程度の錘を使用しますが、初心者なら10から15号程度の錘でチョイ投げを楽しみましょう。
錘の号数は数字ではなくアルファベットの記号が書かれていることもあります。
製造会社によって表示が異なりますから、購入時に確認するといいでしょう。
また、竿に糸を通す部分をガイドと呼びます。
釣り竿にはガイドがありますが、これが固定されるタイプと変わるタイプがあります。
初心者には固定されるようにガイドロックがあるものがお進めです。
釣り竿の構造をよく理解すれば釣り竿の選び方が違ってきます。