予約をキャンセルする場合


ゴルフ場におけるマナーは、ゴルフスタジアムだけではなくそれ以前に関しても存在します。
それは予約に関するマナーです。
ゴルフをプレーする場合、コースを変わるのであればそのコースを予約する必要があります。
ゴルフ場の予約は早ければ早いほど良いので、プレーする面子が決まり次第予約しておきましょう。
週末に前日予約をするのは、随分無謀な行為です。
ただし、やたら速く予約し過ぎた場合には予定していた面子が揃わないケースが出てきます。
人間のスケジュールは変動するもので、場合によっては自分がプレーできないことも考えられます。
そんな時にはキャンセルが必要です。
この予約をキャンセルする時期にもマナーがあるのです。
ひとまず、予約キャンセルは必ずやゴルフ場に連絡を入れること。
これは最低限のマナーです。
そうして、当日にキャンセルの連絡を入れるのも基本的にはマナー違反です。
数日前、できればもう一度早くにキャンセルを入れましょう。
ゴルフ場は、その日その日のスケジュールを予約状況で決めています。
仮に予約のキャンセルがされていないのにその組が現れないと、次の組の人達にも迷惑が掛かります。
本当に予約のキャンセルは行なうこと。
そうして出来るだけ早めに連絡をすることをマナーとして心がけましょう。
また、キャンセルは場合によってはキャンセル料が必要になるケースがあります。
キャンセル料もキャンセルをする時期で仕上がることがあり、宿泊予約等と共に当日というほど不利になるため、その観点からも早めのキャンセルをオススメします。

ゴルフ場人気ランキング

ゴルフ場は全国各地にあります。
大規模な施設なので、たいしてたくさんないのでは、というイメージを持たれがちですが、実際には驚くほど多くのゴルフ場が国内には存在しています。
こんな中で、どのゴルフ場が人気なのかということは終始注目の的となっていますが、各ゴルフ場の人気は年々変わるので、どのコースが一番は決めにくい状態です。
ただ、そういう中で定期的にランキングを発表している雑誌があります。
「週刊ダイヤモンド」です。
その週刊ダイヤモンドが発表しているランキングから、2008年、2010年のランキングを抽出して見ていきましょう。
一旦、2010年1位に輝いたゴルフ場は、川奈ホテルゴルフコースです。
2008年けれども4位に輝いてあり、良い人気を持続しているようです。
2010年2位はフェニックスカントリークラブ。
こちらは2008年の1位で、同じく絶えずトップクラスの人気を得ているゴルフ場であることがわかります。
2010年3位は太平洋クラブ御殿場コース。
こちらは2008年も2位です。
2010年4位の大洗ゴルフ倶楽部も2008年まずは3位となっており、基本的に上位のゴルフ場は2年の期間それでは始終おっきい位置をキープしているようです。
一方、初心者向けのコースとしては、埼玉県の朝霞パブリックゴルフ場や東我孫子カントリークラブ、千葉県の上里ゴルフ場や野田市パブリックゴルフ場ひばりコースが有名です。
これらは東日本ですが、西日本では大阪の牧野パークゴルフ場、兵庫の川西ゴルフクラブ等が有名です。

川奈ホテルゴルフコース


静岡県伊東市にある川奈ホテルゴルフコースは、日本の数あるゴルフ場の中それでも屈指の人気を誇っています。
開場したのは1928年とかなり古く、歴史のある由緒規則正しいゴルフ場として、プロアマを問わず高い人気を集めています。
川奈ホテルという名前が付いている通り、川奈ホテルに付属したコースで、旅館があるために泊まりで利用する方も多いようです。
川奈ホテルゴルフコースの特徴は、二つのコースがあることです。
最初に設置されていたのは大島コースと呼ばれるコースですが、現在では富士コースの方が高い知名度を誇っています。
このゴルフ場で受け取るプロの大会では「フジサンケイレディスクラシック」が有名です。
ラウンドスタイルとしては、富士コースはキャディ付きの歩行ラウンドで、大島コースはセルフプレーとなっています。
従って、プロやプロ級の人が利用する場合は富士コース、一般の方がラウンドする場合は大島コースなど、用途によってそれぞれ使い分けることが出来るという点において、非常に使い勝手が良いコースと言われています。
プレー料金は、大島コースはリーズナブルで10,500円~15,500円。
富士コースは宿泊料込みで36,000円~51,000円となっています。
ホテルは100室が用意されてあり、インペリアルスイートと呼ばれるスイートルームは288,800円となっています。
予約は半年前から可能となっており、その評価、敷居の高さをうかがわせますが、それに合うだけのコースとなっており、また、ホテルから言える景色は絶景そのものです。