ゴルフ場においての服装について


ゴルフは紳士のスポーツとして知られています。
プロゴルファーになると見て取れる程度のマナーに沿って服装を選ばなければなりません。
石川遼が着ているゴルフウェア等も極めて注目を集めていますよね。
石川遼の最終日は赤いウェアに身を包んでプレイしています。
一見ケバイ様に感じますが、マナーは守られているのです。
しかし、アマチュアのゴルファーの場合はレジャー感覚、スポーツ感覚でゴルフを楽しんでいますのでどうしても厳密に高く服装に嵌る必要は有りませんが、Tシャツやジーンズ着用でゴルフをするという行為は止めて望むものだと思うのです。
Tシャツやジーンズ自体が悪いという訳では有りません。
今の認識と昔の認識が違うのかもしれませんが、Tシャツとは下着の延長線上にある物としての認識、ジーンズは作業着としての認識が昔は有りました。
その為にゴルフ場においては可愛らしくない服装とされ敬遠されていた様なのです。
ゴルフは大人の社交場としての認識が高いです。
アマチュアで有ってもゴルフ自体の考え方は一緒です。
結婚式やパーティーにTシャツやジーンズで行く人がいない感じ様な考え方として頂ければ良いと思います。
ポロシャツなどの襟が付いている物、スラックスなどジーンズ以外の動きやすいもの等にするのがいい様です。
これと同じ様に靴に関してもおんなじ事が言えます。
スニーカーも避けた方が良いというのですが、シューズが無い人はスニーカーを選んでいくと良いでしょう。
ただしサンダルや草履を履いて出向くのはご法度ですので止めましょう。

石川遼,ゴルフ,場,服装,マナー

ゴルフ場においてラウンドする時には襟付きのウェアを羽織る様にする。
これを覚えておきましょう。
夏場などなんとなく暑くなると服装もラフにしたくなって乱れてしまいがちになります。
Tシャツやタンクトップという様な襟が無くてラフ超えるウェアと呼べない服装でラウンドしている人が要るのも事実ですがこれは断じて見た目も良くありません。
ラフでも良いですが、襟が付いている事を基本とし、壊れ過ぎない様にする事が大切なのです。
基本的にスラックスというのが有りますが、ショートパンツでラウンドするのは大丈夫です。
華美になり過ぎない程度のショートパンツを着用する様にください。
通常、ソックスは基本的にからきしルールと言うのは存在しないと思いますが、ゴルフ場によってそこそこ規定が違います。
ゴルフ場においては少ないソックスを禁止している所も有りますので、いくゴルフ場の服装の規約を調べておくと良いと思いますよ。
いよいよゴルフをする人等はこう言った事が有る事さえ知らないですよね。
その場合は周りの知っている方が教えて売るのも親切ですよね。
近年、石川遼のゴルフファッションに注目が集まっています。
石川遼のゴルフウェアはカラフルで眩しいですよね。
センスが良いと思います。
けれども本当にゴルフのマナーは守ったときのファッションなのでオススメです。
ぜひ真似して見て下さいね。
決められたマナーの中でオシャレを楽しむ。
こんな楽しみ方がゴルフウェアには在るのです。