釣り糸の特徴


釣りをしない人には釣り糸の違いがわからなかいかもしれませんが、その特徴には違いがあります。
ほとんど、大きく分けると3種類の釣り糸があります。
ナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインの3種類です。
それぞれについて説明ください。
ナイロンラインは釣り糸の中それでは一番ポピュラーで安価です。
柔らかく、しなやかで糸のくせがつきにいのが特徴です。
釣り糸は水の中に入れたところどうなるかが重要です。
比重が1.14で真水に近いですから、水の中で目立たないラインです。
フロロカーボンラインは通称フロロです。
ナイロンよりも少し値段が高くなっていますが、ちょこっとごつくてハリがあります。
糸グセが付き易い性質です。
ごつくて折れ目が付き易いですから、扱う状況を考えなければなりません。
硬い釣り糸は縺れることが多いですから、直ちにトラブルになってしまいます。
注意しておかなければなりません。
また、比重は1.78ですから、水に沈みます。
奥深いところに生息している魚を拾う時折、フロロカーボンを使うことになります。
光の屈折率の違いは糸が見えやすいかどうかの違いになります。
出来るだけ目立たない方が魚に気づかれがたいのです。
最後の種類のPEラインとはポリエチレンラインのことです。
やはり高価ですし、強度も一番強くなっています。
大きな魚を願うところ使用するラインと考えればいいでしょう。
編み込み糸なので柔らかくしなやかで強度もあります。
熟練した釣り人はPEラインを使う人が多いのです。

釣り糸の種類


釣りをする人なら釣り糸の違いによって釣り方がなることはよくわかっています。
種類を間違えると、徹頭徹尾釣れないのですから種類を知っておくことは基本と言えるでしょう。
ただ、同じ種類も製造会社によって微妙な違いがあると言われています。
それは毎週のように釣りを楽しんでいればわかってくることなのでしょう。
ひとたび、ナイロンラインは一番ポピュラーなラインです。
価格もリーズナブルですから、初心者はナイロンから始めることになります。
ナイロン以外ではフロロカーボンラインとPEラインがあります。
それぞれフロロ、PEと呼ばれています。
PEはポリエチレンを材料としてグングン合わせて作られたラインです。
おんなじナイロンも太さが違いますから、釣りあげられる魚の重さが違います。
しょうもない糸でひどい魚を釣り上げるのは無理があるのです。
釣り糸のサイズは号数で表示されます。
数字が大きい方が分厚い釣り糸となります。
ただ、おんなじ号数けれどもラインの種類の違いによって、使い方はかなり違ってきます。
自分が釣りたい魚を決めて、そのために必要なラインを選ぶことが重要となります。
ナイロンとフロロカーボンラインを比較すると耐久性はフロロカーボンラインが高いのですが、それはきつく曲がり辛いからです。
ただ、釣り糸が重くなりますから、水の底に沈み易くなります。
その性質によって、川底に生息している魚を願うのです。
釣りも釣り糸を取りかえるだけで、このように各種ことを考えなければならないことが、釣りの楽しみなのです。

釣り糸を選ぶ


海釣りや川釣りの違いをよく理解している人は釣り糸の種類も十分わかっています。
つまり、釣り場や対象とする獲もの、そして、その日の状況によって釣り糸を変えなければならないのです。
種類を知っておくことは常識と言えるでしょう。
釣りに行く時折いくつかの種類を準備しておきます。
その場の状況でどれを選ぶかを決めるのです。
大きな獲ものが掛かりみたいからには、丈夫なPEラインを選んだ方がいいですが、ちっちゃな魚ならナイロンラインでも十分でしょう。
水の中でラインが思えがたくなっていれば、魚がかかりやすいのです。
種類の違いを分かるだけでたくさん釣れるほど釣りは簡単ではありません。
ラインの選び方として号数やポンドで示すことが多いのですが、強さと重さの表示です。
種類の違いは材質の違いですから、おんなじ号数けれどもナイロン、フロロカーボン、PEによって意味する内容が違うのです。
大もの狙いの場合と初心者が選ぶラインは違っていてもちろんでしょう。
インターネットで調べてみると、ラインの種類を細く説明しているサイトがたくさんあります。
それを読めば通常ことはわかります。
水の中での屈折率の違いは糸が見えにくいことを示しています。
餌だけが見えて、ラインが思えなければ、魚は餌に食いついて頂ける。
勿論、釣りは釣り糸だけで仕上がるわけではありませんが、大きな要素の一つであることは間違いないでしょう。
これが釣りの奥深さとも言えます。
あなたも釣りがしたくなってきませんか。