スポーツと生活習慣

生活習慣と言えば生活習慣病でしょう。
秋はスポーツの季節ですが、生活習慣病にお薦めは適度な運動です。
つまりスポーツは病気の治療の一つの手段となるのです。
運動療法として医学的にも認められている方法です。
無論、大粒の汗をかくような運動をする必要はありません。
秋だけではなく1年中継続することがお薦めなのです。
スポーツをすることで健康に至ることは誰もが聞き入れるところです。
但し、いかなるスポーツをするかは医師に相談しながら行わなければなりません。
きつい運動は逆効果になって仕舞うケースもあるからです。
自分が肥満体質だとわかっている人は、医師がお薦めだと言っても運動をしません。
日頃から運動を断ち切るため病気になっているのです。
ところで健康とはいかなる状態なのでしょうか。
病気をせずに毎日を暮すことでしょうか。
スポーツをすることが楽しいと見えることでしょうか。
生活習慣病は極端な例です。
病気とまではいかなくても、ちょっとしたことで体調が悪くなる人は少なくありません。
スポーツの秋は面白く運動をする季節です。
義務感でやるべきではありません。
そのことをしっかりと理解ください。
そうすれば、お薦めのスポーツが増えてくる。
そうして、いろいろなスポーツを楽しんでください。
大げさに言えば世界観が罹るでしょう。
これまで、何でこうしたうれしいことを知らなかったのかと。
子どもの時から運動が嫌いな人はかわいそうな人なのです。