釣り竿の役割


釣り竿の役割について考えたことがありますか。
魚釣りなのだから釣り竿を使用するのが当たり前としているでしょう。
但し、その釣り竿の役割をしっかりと理解して、釣の種類に合わせた選び方をしなければなりません。
予め、釣り竿の谷和原阪についてです。
釣りをしたことがあるなら、すぐにわかりますが、釣り竿は非常にしなやかです。
無論、決して著しく押さえたら折れてしまいます。
折れないように柔らかくできている釣り竿が素晴らしい竿と言えるでしょう。
ただ、柔らかすぎると大きな魚を釣り上げることが難しくなります。
初心者のうちはオールマイティな釣り竿を選んだ方がいいですが、釣の楽しみがわかって生じるようになると、魚に合わせた釣り竿の選び方をするようになります。
オールマイティな釣り竿は幅広く対応できる反面、詳しい動きはできないのです。
専用の釣り竿であれば、釣ろうとしている魚や状況をある程度想定して作られています。
誰でも狙った魚が釣れることが一番ありがたいはずです。
そのための専用です。
さて、釣り竿の役割に舞い戻りましょう。
ひとまず、餌や仕掛けを狙ったポイントに運ぶ役割があります。
初めのうちは思ったようにポイントに届きません。
だんだんと上達してくると狙い通りにできるようになります。
そうしたら、魚のアタリを伝えて貰える。
魚が餌をつついている微妙な感覚が竿を持つ手に伝わってくる。
硬い方が行き渡り易いですが、折れ易いという欠点があります。
また、ヒットすると魚は餌をくわえて逃げようとします。
その免疫を弱めるためには軟らかい竿がいいのです。
自分が必要としている役割を有する釣り竿を選ぶことが重要でしょう。

釣り竿選びのポイント


釣り竿選びは釣りの楽しみ方がわかってきてからの方がよく頷けるでしょう。
初心者の時は上級者から教わる通りに選んでかまいません。
選び方のポイントを説明されても、意味がよくわからないからです。
ただ、一般的に言われている釣り竿のポイントは知っておきましょう。
釣りを通していると、その楽しみを体感することができます。
ポイントの一つ目は長さです。
これはどのくらい離れたところの魚を拾うかによって変わってきますが、しょっちゅうおんなじと言うわけではありません。
その日の釣り場の状況に合わせて変えなければなりませんから、いくつもの釣り竿を持っていきます。
そしたら、重さです。
長時間手で支えておくためには小気味よい方がいいのは当然ですが、強度を保つためには硬めの材質を使用した竿を選ばなければなりません。
軽くて激しい材料だから価格は高くなるのです。
強度は釣り竿の柔らかさと関係しています。
極端にごつくて曲がらない釣り竿の場合は、重すぎる魚がかかるとすぐに折れてしまいます。
そうならないようにある程度折れるような材質が使われているのです。
これも魚の重さと関係していますから、ある程度の範囲があります。
購入しようとしている釣り竿がどのような仕様になっているかは号数と呼ばれる数字で表示されています。
ではチェックしてみましょう。
ただ、釣り竿の種類によって号数が意味することが違いますから、事前に十分な知識を持っていないと無駄な買いものになって仕舞うこともあるでしょう。
釣り竿の選び方を考えるようになったということは釣りが楽しくなっている証拠でしょう。

釣り竿の弾性


釣り竿は手で曲げることができます。
ただし、弾性があるため割り切ること無く元に戻ります。
この性質は釣り竿の材料によって変わります。
これが釣り竿の選び方を辛くしているのかもしれません。
つまり、弾性がどれくらいあればいいのかを判断するのは簡単ではないのです。
魚をかけて、釣り上げたところついに適正な弾性かどうかがわかります。
つまり、購入して使ってみなければ、数字だけで判断できないのです。
勿論、長年釣りをやってきた人は感覚的に理解しているでしょう。
初心者の場合は糸に錘を付けていくぶん振ってみましょう。
いかなる曲がり方をしますか。
釣り竿は先の方が細くなっていますが、弾性は一定ではありません。
服する位置が先の方、中央、手元に分かれていて、それを調子と言います。
適当になっているわけではなく製造元が意識的にずらしています。
つまり、使用用途によって調子を変えた方がいいのです。
ただ、自分の好みもありますから、自分がいいと思った弾性の釣り竿を選ぶことがベストな選択と言えるでしょう。
インターネットなどでは選び方が細かく書かれています。
弾性の違いによって釣りの状況も変わります。
たとえば、魚のアタリを分かるためには釣り竿から伝わって来る動きをもらいなければなりません。
柔らかすぎると分かりにくくなるのです。
適度な強さが必要です。
結局のところ、自分がいかなる釣りを楽しみたいかによって釣り竿の選び方は違ってきます。
初心者は依然、そこまで意識していませんから、使いやすい釣り竿で十分なのです。