子供の自由研究に


夏といえは海です。
外での活動は暑くて大変ですから、日差し予防もしておかないと危険です。
子供は何も気にせず外遊びを楽しみますから、保護者で管理してあげましょう。
そんな夏には、子供の自由研究がありますから、これは親の強力が必要ですね。
せっかくの夏ですから、海遊びは欠かせません。
その遊びのなかで自由研究までやってしまいませんか?海には沢山の研究材料があります。
女の子は貝殻集めがおかしいですね。
拾ったちっちゃな貝殻や、大きな貝殻。
色んな色の貝殻までありますから、研究以前に嬉しいです。
面白く採取できたら、綺麗に洗い箱などに張り付けて飾りつけしてしまうと、面白く簡単に自由研究ができてしまいます。
男の子は、ちょっと頑張って魚釣りなんかどうでしょうか。
自分が釣った魚のピクチャーブックなど作っても素晴らしいです。
男の子女の子大人まで楽しめる潮干狩りなんか最高です。
採って面白く食べることまでできますから大人も十分に楽しめます。
その潮干狩りで採れた貝を食べたいでしょうが、ちょっと残しておいて標本作りの材料に使うと素敵なものができます。
海はこれ程沢山の楽しみかたがあり、子供の学習にもなりますから、自然を楽しむことはいいですね。
最近では、外遊びはもちろん海遊びなど外に出る子どもたちは減っています。
そういう現代っ子を保護者はぜひ外に連れ出して下さい。
充分日差し対策を取り安全な海での遊びを知らせることも夏の楽しみかたの勉強になります。

潮干狩りの道具


経験や知識が無くても楽しめる潮干狩りは、場所と道具を調べておけば簡単に遊べることができる夏の楽しみ方です。
殊に夏休みの思い出に、子供と出掛けると、結構嬉しい思い出作りになります。
場所は地元の海で調べてみて下さい。
お住まいの地域と潮干狩りと検索すると情報がわかりますから、それに基づいて場所を決めて下さい。
あとは道具ですが、手で掘っても採れますが爪の中に砂が入り込んだり、硬めの砂を掘り起しすぎると皮膚が痛くなってしまいます。
できれば熊手かスコップがあると砂をほぐしながら快適に貝を探ることができます。
できれば熊手を使うことをお薦めいたします。
熊手は砂と貝を分散しながら堀り仕切ることができますから、砂を掘り起しながら貝を探り当てることがしやすくなります。
掘った貝を入れておく入れものも用意しましょう。
最低このくらいの道具があれば潮干狩りはできますが、ぐっと快適にされたい方は、パイプイスやレジャーシートがあると腰かけたり座ったりと楽な体制でできます。
帽子の準備もしておきましょう。
潮干狩りシーズンは日差しが手強い時期ですから、予防することを通じておかないと日射病や熱中症など危険な状態になる可能性が高いです。
この予防として帽子の他、クールタオルや刺々しい水などの準備もしておくと安全です。
頭の予防をしたら、できれば目の予防もした方がいいので、サングラスもあると安心でしょう。
その他、日焼け止めなどもあると肌の対策もできます。

潮干狩りのコツ


夏の楽しみ潮干狩りの特集と題し、潮干狩りについて沢山の情報を提供いたします。
漸く海へ立ち寄るなら、大量を願いたいものです。
では時期を知っておかないといけません。
潮干狩りの時期は早くて4月からの開始になります。
水温は冬からもうすぐのぼりだし、水温が少し安定を通じてきた4月5月ごろが採れ差し出す時期になります。
ということはゴールデンウィークは子供との潮干狩りシーズンとなります。
これで時期が分かったところで、次に時間です。
毎日の海水の動きとして、満潮と干潮の時間があります。
潮干狩りでは、完全に潮の引いた干潮時間に行きましょう。
そうして一番耐え難いのが、アサリなどの貝の住みかを捜し出すことです。
適当に掘り起こしても何やら住処にはあたりませんから、どこにいるのかを知っておく必要があります。
重要なポイントを紹介すると、潮が引いた後の砂が盛り上がっている場所がポイントとなります。
そこに貝が集まっている可能性が良いことになります。
一層、潮が引いた後に水たまりが残っている場所がでて来る。
その周りも貝が逃げ込む場所となりますから、ここもポイントになるのです。
呼び出すときに、道具があったら連続して取ることもできます。
一番欲しいのは熊手です。
では、掘りおこすことが簡単に出来るようにすることです。
スコップよりも熊手は砂と貝を区別しながら掘る作業ができますから、これがあるだけで皆目ちがいます。
これらを参考に沢山の貝を採取ください。