スポーツと健康

健康のためにスポーツを始めた人は少なくありませんが、いずれは止めてしまうことでしょう。
それは楽しくないからです。
健康のためにやるよりも、自分がうれしいとおもうことをやらなければなりません。
それが健康になるのです。
お薦めのスポーツは高齢になっても続けられることです。
当然。
若い時は耐え難い動きのスポーツがお薦めでしょう。
ただ、いずれは思うように体が動かなくなります。
自分の体に当てはまるスポーツを考えておきましょう。
スポーツの秋に良い種目はすごい動きだけではありません。
室内でゆっくりとはたらく太極拳もひどくありません。
秋の運動場で多くの人が太極拳をやっている光景は小さな感動です。
どれだけの運動をすれば健康を維持できるかは個人差がありますから、定量的な数値を現すことはできません。
但し、それは自分がよくわかっているはずです。
自分が興味深いと思っているスポーツなら、如何にも健康にいいはずです。
ストレスを解消することは体全体の動きをよくしてくれます。
運動の後、心地よい睡眠を採り入れることができれば健康に至ることでしょう。
スポーツとは自分の体を強めるだけではなく、心を強めることにもつながります。
ストレス解消は心を深くすることになるのです。
お薦めは気持ちよく味わえるスポーツですから、如何なる動きをしてもかまいません。
自分が興味深いと聞こえることなら、何でもいいのです。
体の特定の部分を強めることはトレーニングですが、それは本当の意味でのスポーツではありません。