釣り竿の選び方


はじめて釣りをする人は一旦釣り竿の選び方を知らなければなりません。
勿論、誘ってくれた知り合いからちょっぴりの間は借りてもいいですが、いずれは自分の釣り竿が欲しくなるはずです。
そこで選び方の基本を紹介ください。
初めて、長さについてです。
一般的な釣り竿の長さは4mから5mです。
長いと遠投がしやすいですが、重くなりますから腕がくたびれることになります。
逆に少ないと軽くて動かしがいいのですが、足下の根をかわしづらくなります。
一長一短がありますから、自分に当てはまる長さを分かることが重要です。
やはり、どこで釣りをするかによって使い分けることも必要でしょう。
そうしたら磯竿の場合は号数があり、それは最適なハリスの号数を示しています。
クロダイやメジナを釣るためなら1号、または1.5号を選ぶといいでしょう。
釣り竿の国内メーカーとしてポピュラーなのはダイワ、シマノ、がまかつ、宇崎日新っていうところでしょうか。
入門者向けの磯竿のブランドとしてはシマノのランドメイトが購入しやすい釣り竿です。
また、癖のないスタンダードな釣り竿として、ダイワリバティクラブ磯風がおすすめです。
ただ、どの釣り竿がいいかは現に使ってみなければわかりません。
新品を購入してもいいですが始めは中古品という選択肢もあります。
釣りの楽しさがわかってくると、もっといい釣り竿が欲しくなることでしょう。
一気に、実力も上がっていくのです。
最後に値段で釣り竿を選ぶことも考えておかなければなりません。

お奨めの釣り竿


口コミサイトで人気の大きいお進め釣り竿を紹介ください。
釣り竿の選び方で迷ったら参考にするといいでしょう。
勿論、選び方は人それぞれが決めればすばらしいことだが、多くの人がいいと感じた商品はそれなりのよさがあるのです。
シマノロッドホリデー磯R2-450の価格は少ない方だが、大いに一大商品です。
アジやチヌ、サヨリやハゼに適しています。
リールをホールドするためのステンレスシートやノンスリップコートが付いています。
ビギナーには使いやすい癖のない釣り竿です。
この商品はロングセラーとして多くの人が使った経験を持ち歩いています。
ただ、耐久性はあまりありませんから、1年くらいで次の竿の購入を考えておきましょう。
OGKポケット磯360はコンパクトさが売りの釣り竿です。
価格も他の商品と比べると格段に安くなっています。
渓流から野川など、どこでも利用できます。
長さは短めですから初心者にも使いやすいはずです。
メインの釣り竿として利用するよりも、予備として持ち歩いて出向くことをお進めします。
荷物をコンパクトにしなければならないようなキツイ釣り場では重宝するでしょう。
自分がどんな釣り場で釣りを使用としているのかイメージしてみると選び方がわかって来る。
最後にシマノロッドランドの紹介です。
取付けるリールはC3000くらいが重量のバランスがいいでしょう。
おもりも10号までなら気持ちよく放ることができます。
どこにも不満のない釣り竿です。
通販サイトでは多くの人がすすめています。

釣り竿と技術


釣りを楽しむためには必須の道具である釣り竿の選び方が重要です。
釣りをする場所によって取り扱う釣り竿も変わります。
また、自分の技術レベルに合わせた釣り竿選びもポイントになります。
インターネットなどで情報をチェックして下さい。
初心者向けと表現されている釣り竿を選ぶといいでしょう。
長さや重さ、値段などもあります。
大きな魚にかけているなら、その分だけしっかりとした釣り竿が必要ですが、ごつくて重くなります。
初心者にはこうした釣り竿をやりこなすことは難しいでしょう。
自分の釣りがどのレベルなのかを考えて見ることです。
また、釣り場によって状況はさんざっぱら違ってきます。
海釣り、川釣りなど釣り方も使用する釣り竿も違うのです。
防波堤に座って釣りを通じている人を見掛けることがあるでしょうか。
悠然と1日中釣っていますね。
プラクティカルには難しくありませんから、魚がいるところなら、誰でも釣れることでしょう。
船釣りは釣り場に到着するまでに気分が悪くなって仕舞う人もいます。
酔ってしまったら、暫し体調を整えてから釣りを楽しみましょう。
磯釣りを楽しむためには場所を見つけ出すことから始めなければなりません。
初心者にはリスクが高すぎるでしょう。
ニュースなどで釣り場に取り残されて救助される釣り人が出ていることもあります。
釣りに熱中する全然、満潮のことを忘れてしまっているのです。
このように釣り竿の選び方には、どんな釣りをするかというレベルが重要になります。