日本代表の香川真司


サッカーの日本代表として活躍している香川真司選手を紹介ください。
香川選手は17歳でプロ契約を締結し、18歳の時にはセレッソ大阪でレギュラー入りしています。
日本代表としてはMFですが、国際A代表として何度も出場経験があります。
攻撃的MFと言われています。
元々はボランチでしたから、将来的にはボランチでプレーしたいと語っているそうです。
未成年の時から日本代表としてさまざまな大会に出場している香川真司選手です。
ユースでは終始飛び級での出場を果たしてきました。
香川真司選手がA代表としてデビューした試合のことを振り返ってみましょう。
後半の29分に出番が回ってきました。
プレーした時間は約18分です。
相手チームのコートジボワール代表に押された状況だったために、見せ場はほとんどありませんでした。
このときの試合だけを見ていたならば、香川真司選手の実力を分かることができなかったでしょう。
A代表としてはまだまだとの評価を下しているのです。
また、セレッソ大阪の試合は全くテレビ中継がないため、香川真司選手のシーズン中のプレーを見たことがない人も多いようです。
ただし、引き続き彼のプレーを見ていたならば、A代表として完璧ことに気が付くはずです。
香川真司選手はいまだに若いにもかかわらず、長期に渡ってフル出場しています。
そうして、ハイレベルなプレーを続けているのです。
香川真司選手がこれからの日本プロサッカーを引っ張っていくと考えている人は多いはずです。
安定したプレーと、的確な判断力が期待される選手なのです。

ドルトムントの香川真司

2010年からドイツのドルトムントに移籍した香川真司選手です。
プロサッカーに興味がない人も名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
ドルトムントでの香川真司選手の活躍を紹介ください。
ドイツに移籍してから、16試合で8ゴールを挙げています。
2試合に1ゴールの割合です。
もちろん、このゴール数はかなりな得点力です。
ポジションは中盤ですから、普通はこれほど得点できることはありません。
つまり、香川選手のすごさを表しているのです。
ブンデスリーガのヴェルダー・ブレーメンとの試合でした。
ドルトムントはホームゲームです。
後半25分にドルトムントが右サイドからMFブラスチコフスキのドリブルをたくらみました。
右足でシュートしましたが、GKが弾いたこぼれ球をMF香川選手がゴールしました。
左足でかしこく合わせたゴールで貴重な2点目を挙げたのです。
MF香川真司選手はスタメンでフル出場して、ドルトムントが2-0で勝利したのです。
この時チームは7連勝となりました。
ブンデスリーガの首位を独走することになったのです。
貴重なゴールを決めた香川真司選手ですが、耐え難いこぼれ球をきれいに合わせた優秀ものでした。
彼の持ち味が出たシュートと言えるかもしれません。
香川選手がドルトムントに入ってから、相手チームも香川選手のレベルがわかってきたのです。
無理にボールを奪おうとすることが短くなったようです。
MF香川選手のかわしかたがかしこいので、警戒するようになったのです。
マークしにくい選手と考えられています。
これからの活躍が期待されますね。

香川真司のエピソード


アスリートには誰でもエピソードがあるものです。
プロサッカーで活躍している香川真司選手のエピソードを紹介ください。
香川真司選手は2010年5月の南アフリカ・ワールドカップ日本代表の発表で、選ばれませんでした。
岡田監督がこの香川真司選手を落としても、報道陣や関係者からは意義の声はなかったと言います。
セレッソ大阪がJ1に昇格して大活躍していたのですが、欧州トップレベルでのワールドカップで期待出来るかどうか未知数だったからです。
その翌日に、香川選手のドルトムント移籍が発表されました。
ドルトムントはドイツの名門ですから、香川選手への評価が高かったことを示すものです。
南アフリカ大会のことを報道陣から聞かれても、出ていないからいうことは乏しいもないと、そっけない返事が返ってきます。
出場できなかった悔しさからの言葉でしょう。
ただし、この出来事が香川選手をもっと大きくしたことは間違いありません。
香川選手の素晴らしさは、プレーそのものもありますが、向上心にもあると思います。
小学校の時から努力してきたのです。
代名詞の発表などでも、選ばれなかった時折、その悔しさをばねとしてきたのです。
今では、誰もが認める優秀な選手です。
その陰には地道な努力があるのです。
香川選手は年齢的にも若々しいですから、若々しく見えてしまいます。
そのため、サッカーをしていない時は不安イメージがあるのです。
もちろん、彼のプレーを見たならば、イメージのギャップに驚いてしまいます。
日本代表としても、これからの活躍が期待されますね。

香川真司の所属クラブ

プロサッカー選手の香川真司が所属しているクラブを紹介ください。
ドイツのドルトムントです。
勿論、所在地はドイツのドルトムントです。
リーグはドイツ・ブンデスリーガに所属しています。
ホームゲームの時には1試合に7万人もの観客が入場します。
地元では困難人気チームなのです。
過去には優勝6回、チャンピオンズリーグ制覇など素晴らしい成績があります。
このようなチームに2010年7月に移籍したのが香川真司選手なのです。
MFとして活躍しています。
香川真司選手のドルトムントでの活躍ぶりを紹介ください。
2010年11月のことです。
9勝1敗1分で首位となっていたドルトムントはハンブルガーと対戦しました。
試合は雨でコンディションが悪かったのです。
ドルトムント陣はパスミスを多発して、好ましい形を取ることができていませんでした。
やはり、香川選手も例外ではなく波に乗れていませんでした。
ただし、後半に入って香川選手が先制します。
右サイドからDFへスルーパスが通ります。
それをクロスにパスしたところに、香川選手が入り込んでゴール前から右足で決めました。
この得点はリーグ戦で6ゴール目となっていました。
それからは、FWバリオスのゴールで2点目を挙げました。
その2点を守り切ってドルトムントの勝利となりました。
香川選手によってドルトムントが快進撃を続けていたのです。
川が選手の特徴はバリエーションの豊かな攻撃が出来るところです。
タイミングよくボールに当てることが出来るのです。
ドルトムントに移籍してから、香川真司選手はたくさんゴールを決めています。