石川遼の様なゴルファーになる為に


ゴルフをした事がない人も石川遼のプレイに憧れて「俺も(私も)石川遼の様な選手になりたい」としてゴルフを始める人も多い事でしょう。
けれどもどこからようやく良いか分からずに手さぐりの中で無暗に練習を通じている人が多いのが現状です。
漠然と他の人に教えてもらうのってスイマセン様な気がする。
本やDVDが有れば大丈夫と自己流レッスンを始める人が多いのです。
それでも1人で練習を通じていると何が乏しいかも分かりませんし、初めて躓くと答えを捜し出す事が出来ずに結局無理としてしまって止めてしまう事が多いのです。
これまずは石川遼になるまでにはほど遠いという事になります。
何のスポーツにおいてもそうですが、初心者がやる事、それは基本的技術を学ぶ所からついに出向く事、これが大切なのです。
ではどうして学んで言ったら良いのでしょうか。
オススメとしてはプロのレッスンを受講するという事です。
断じて技術が身についていないからこそプロの指導にあたってプロの技術を磨いて行くのが上達の近道だと思うのです。
せっせとでもプロの指導を受けながら練習を通じていくと自然と技術が身についてくると思いますよ。
大笑い癖が付く前に習う様にください。
またお値段的にも厳しいと思われがちですが調べてみるとそんなに激しく無い事も分かると思いますので調べてみましょう。
プロに教わってキレイな技術を抱え、石川遼の様なゴルファーに生まれ変われる様に地道に焦らずにがんばりましょう。

お家でもゴルフ練習をしましょう

ゴルフは練習場だけで練習すれば良いというものではありません。
あの石川遼だって練習場だけじゃなくてお家でも練習出来る様にしてあるのです。
石川遼の様なプロゴルファーだって練習を積み重ねているのです。
ではお家で出来るゴルフの練習にはいかなる事が有るのでしょうか。
お家で出来るオススメゴルフ練習にパッティングが有ります。
ゴルフ初心者の場合、抜かす事に意識が集中してしまってパッティングの事は簡単だから後回しとしている人が多いと思いますが、本当はパッティングはゴルフにおいて断然苦しく、心から重要なものなのです。
実際にパー3のホールをめぐってみた所、抜かすのは最初の1打、次の2打目でホールに近寄せて3打目で入れるというのが狙いだと思いますが、実際にやってみると2打目までは上手くいっても最後の3打目でパッティングで入れられなくて結局5打、6打になってしまったという事が素晴らしく有ります。
そんなにパッティングはゴルフのスコア的に支配しているのが著しい部分なのです。
だからこそパッティングをお家で練習する事も大切になります。
パッティングは飛ばさないからこそ出来る練習だと思います。
今はお家でパッティング練習するのに色んな練習器具が販売されています。
よくみるのがパッティングマットですよね。
テレビでよく映されていてやった事が見て取れる人もいるのではないでしょうか。
単純ですが案外この単純練習の積み重ねが大切だったりする物です。
お家でパッティング練習、石川遼の様なゴルフ選手に生まれ変われる日が近付けてくるかもしれませんよ。