香川選手の人柄


攻撃的MFとしてプロサッカーで活躍している香川真司選手を知っていますか。
彼は流星のごとく現れて、ドイツのドルトムントチームでレギュラーの座を獲得しています。
香川真司選手のサッカーテクニックのレベルの高さもありますが、その人柄がチームメイトの信頼を集めているのだとする記事も目にします。
香川真司選手は2010年7月にそこそこ少額な育成補償金でセレッソ大阪からドルトムントに移籍しています。
日本のJ2に所属していて、依然21歳のういういしい香川真司選手にいまいち期待していなかったのでしょう。
ドイツのサッカーレベルは良いことが常識だったからです。
但し、香川真司選手のプレーを見た人は驚いたのでした。
欧州リーグ公式戦に初出場して、忽ち2得点をマークしました。
ドルトムントを勝利に導いたことで、丸ごと人気選手になったのです。
ドルトムントがリーグ優勝をするためには、香川真司選手はなくてはならない存在になってしまったのです。
あっという間にファンが増えて、彼のユニフォームは売り切れてしまったそうです。
この成績の良さだけではなく、人柄が好感を呼んでいるそうです。
ドルトムントに着いた時には、大勢のブロンド美人を見るのはようやくだと言ってファンの笑いを誘ったという。
ドイツでサッカーをやる日本人は彼だけではないが、今では大きな成功をあげていないのが実情です。
技術力のある日本人がヨーロッパで成功できることを証明したいとインタビューに応えています。

香川選手の動画

インターネットの動画サイトには各種動画があふれています。
その中にはスポーツの中継動画もあります。
プロサッカーで活躍している香川真司選手の動画もあります。
香川真司選手がゴールを決めているところは何度も見た人がいるはずです。
香川真司選手のサッカーは攻撃的MFです。
彼の攻撃の仕方はとても参考になるのだと言います。
的確なパスワークやチャンスボールを確実にものにする器用さなどはできれば見習いたいものです。
やはり、香川選手も最初からサッカーがうまかったわけではありません。
子供のころからの努力が実を結んだと当てはまるのでしょう。
セレッソ大阪でエースストライカーとして活躍してから、ドイツのドルトムントに移籍しました。
移籍当初は香川真司選手の実力がわからなかったために、決して期待されていなかったようです。
但し、初出場でたちまち得点を挙げたことによって、いきなりレギュラーの座を獲得することができたのです。
彼の動画は何かとあります。
もちろんプレーシーンが一番多くなっています。
彼のサッカーを見て、自分も真似したいと考える人もいるでしょう。
でも、簡単に真似ができるなら苦労は取り除けるのです。
日本人が世界のプロサッカーで活躍するようになってから、かなりの時間が経ちます。
ワールドカップでの日本代表も互角に戦っていますね。
香川真司選手という若手がこれからも出てきてほしいものですね。
既にサッカーは国民的スポーツと言っていいのではないでしょうか。
香川選手の活躍を期待したいものです。

香川選手のインタビュー


過去に収録されたインタビューを見てみましょう。
プロサッカーで活躍している香川真司選手のインタビューの時の様子です。
2008年にNTT西日本のスペシャルインタビューで香川選手が話した内容です。
当時の香川真司選手はセレッソ大阪のMFでした。
まだまだ、19歳でしたが平成生まれの初めての日本代表として注目されました。
ワールドカップ予選も堂々たるプレーでした。
こんな香川真司選手の子供のころからのことを紹介しています。
昔はただサッカーがスキだったそうです。
遊ぶような感覚でさらにサッカーを通じていたのです。
当時Jリーグが開幕してサッカーが注目されていたことも関係あるでしょう。
小学校の時からレギュラーとして、試合に出場する機会が多かったそうです。
攻撃的サッカーが面白かったようで、当時の憧れはジーコや三浦知良さんだったということです。
12歳の時に地元神戸を離れて仙台に行きました。
このときの気持ちはプロになりたかったので、仙台でプレーしたいと自分から申し出たそうです。
仙台で練習した経験がきつく印象に残っていて、自分の夢を叶えるために決断したのです。
当時の監督から言われた言葉は「感謝の気持ちを絶えず持て」ということでした。
自分ひとりでプロになれたわけではなく、周りの人の支えを忘れてはいけないということです。
日本代表になっても、感謝の気持ちを忘れないようにしたいとも話しています。
自分がプロになってから、思った以上に手っ取り早いペースでやれているのです。
始めは自分のペースを作って、3,4年後に活躍できればと考えていたようです。

香川選手のサッカー

ドイツのサッカーメディアであるKickerのオンライン版にはすべての選手たちの
採点が掲載されています。
日本のセレッソ大阪で活躍していた香川真司選手の名前もありました。
誠に3位でした。
香川真司選手がドルトムントに移籍したのは2010年の8月です。
それからの香川真司選手が旋風を巻き起こした結果です。
権威あるKicher紙がブンデスリーガで3番目に優れた選手であると評価したのです。
その時の1位はおんなじドルトムントのヌーリ・サヒンでした。
その差はわずかに0.15ポイントでした。
また、おんなじ日本人としてプレーしている内田篤人は164位でした。
2010年前半の香川真司選手の成績は公式戦25試合出場で、12得点です。
この成績は高く評価されるべきです。
公式戦以外でも、シャルケとのダービーで2点をマークしています。
また、ヨーロッパリーグの最終戦では、敵地で行われましたが、セビージャから先制点を奪い取ったのでした。
香川真司選手のサッカーが世界で通用することを証明したのです。
彼のシュートを分析してみると、右足、左足、ヘッディングとバラエティに富んでいることがわかります。
その理由を考えると香川真司選手の特徴が見えてきます。
つまり、わずかなチャンスをものにするための手早い動きがあるのです。
日本でのサッカーとヨーロッパでのサッカースタイルは同じでは通用しません。
彼なりにサッカースタイルについて考えているはずです。
正面から体格の良いヨーロッパ人との突き当たり合いは不利になるのです。
香川真司選手のドルトムントでの後半戦が注目されますね。